地方の未来

ただ今当店は、中堅スタイリストが育児休暇中にて人手が足りない状況です。(顧客の皆様にはご迷惑おかけしております)

専門学校にお新卒及び職安などに正スタッフ及び有資格・スタイリスト経験者のパート募集をかけておりますが、なかなか応募がありません。

美容ブームが去り約10年、この業界もメディア・メーカーに踊らされかなり疲弊していました・・そんなころにリーマンショックがありつぶれたりしたサロンもありました。

また美容師を目指す若者も減っています。

専門学校の新卒の方も都市部志向・大手法人やメーカー系列のサロンへの就職希望志向が年々強まり、Uターン就職 地方での就職を目指す方はほとんどいません。またこの業界特有の離職率の高さも問題です。

正確な統計はありませんが、専門学校を出て美容師資格を取得しサロンに就職しても、3割~4割の方は辞めて違う業種にいったり改めて大学を目指したりされているようです。

まだまだブームの後遺症で苦しい業界ですが、福利厚生・独立指南など若者に夢と希望を感じてもらえる業種・業界にしたいものです。

皆さんの業界はどうですか?昨今ブラック企業などと呼ばれる会社も増えているようですが・・・・

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ダート (土曜日, 12 7月 2014 18:31)

    なかなか良い人材には巡り会えませんよ。東京に一極化しすぎですね。お金も人も(>_<)