男の手料理

男の手料理・・・今回は蟹クリームコロッケです。

蟹身250g、玉ねぎ1個、牛乳600cc、バター60gと少々、薄力粉大さじ6杯、卵黄1個、塩小さじ1/2、ホワイトペッパー適量、白ワイン適量、ローリエ1枚。

まずは玉ねぎを荒みじん切に、そしてバターを少量ひいたフライパンで炒めていきます。玉ねぎが半透明くらいになってきたら蟹身とローリエを加えます、やや弱めの中火で水分が少なくなるまでゆっくりと炒めます。水分が少なくなってきたら白ワインを加えます。ワインのアルコール分を飛ばししながら、ほんの少し水分が残っている状態で火をとめます。

次にフライパンでベシャメルソースを作ります。分量のバター60gを弱火で溶かし、そこへ分量の薄力粉を加えてヘラで混ぜながら炒めていきます。同時に牛乳を沸騰しない程度に温めておきます。薄力粉がバターと混ざり艶が出るまで炒めます。艶が出て粘りもある状態から粘りが無くなる状態になったタイミングで温かい牛乳をお玉に1杯づつ加えながら泡だて器で混ぜます。だまが無くなるまで混ぜては牛乳を加えるを全量が混ざるまで続けます。牛乳をすべて加えなじんだら泡だて器からヘラに持ち替え混ぜながら5分ほど弱火で火をいれます。そして先に作っておいた玉ねぎと蟹身の炒めたものを加えまぜます。ここで塩・ホワイトペッパーで味付けをしますが、蟹身の塩分が個々で違うので(缶詰・冷凍蟹・ボイル蟹等)、蟹を加えてから味をみながら塩を加えながら味付けしてください。

味付けができたら卵黄を加え混ぜたら、バットに広げ表面をバターでなぞります(余熱で溶けたバターで表面がコーティングされ衛生的で、乾燥も防ぎます)、そして表面に密着するようにラップをして氷水を入れた大きめのバットの上におき冷まします。

材料が冷めたら適量に分け、俵型に整え小麦粉⇒卵⇒パン粉⇒卵⇒パン粉、とパン粉を2度つけします。そして170度の油で揚げます。破裂や火の通り具合が心配な方はパン粉に色が付いたら油から出して、残りは150度くらいに温めたオーブンで仕上げる方法をおすすめします。

  

揚げたてあつあつをお好みでトマトソースやケチャップで!もちろんそのままでも十分美味しいですよ。

グラタンなどもそうですが、人間は温度が高いものほど塩味を感じにくくなるのでしっかり目に塩味を効かす方が良いでしょう。

形や盛り付けはいまいちですが、『男の手料理』ということでお許しを・・・・よければ皆さんも作ってみてください。